群馬県片品村丸沼高原 群馬県利根郡片品村東小川4658-66 ペンション ワルツ TEL:0278583990

ワルツ


空の世界にはまってしまいました。

パラグライダー

◆初体験

'87年の6月頃だったと思う、ペンションのオーナー仲間と6人でパラグライダーってどんなものなんだろうと、車山高原の1日体験をやりにいった。その当時、講習機の滑空比はおそらく3くらいのもので、結構急な斜面をマンパワートーイングで飛ばすというやり方であった。マンパワーはお客同志が交替で走りながら引っ張るもので、パイロットの時はそれ引け、やれ引けと気分良く滑空体験を味わえるのだが、引く方に回った時は大変だった記憶がある。家に帰ってから、パラグライダーなんてチョロイやなぁー皆で始めてみようかと、取り合えず1機共同購入する事になった。それもどこで買っていいか分からず、仲間のオーナーの知人に国際線のパイロットがいたもので、頼んでフランスで買ってきてもらった。当然グライダーに関する注文は一切なしでである。これがアブナイ世界に足を踏み入れた第一歩であった。

パラグライダー

◆初の海外フライト

パラを教えてくれる人もなく、ただひたすら自己流で、且つノーヘル・長靴という格好で1年程やっていたら、今度は女房も初め出した。
ぶっ飛びフライトが慣れてきた頃、ダンプさんがアイガーからのフライトのテレビ番組に触発されたのか、スイスに行って飛んでみないかという話になった。まだ高度処理もろくにやっていない彼女がである。今考えると恐ろしい話ではあるが、グリンデルワルドで今井道子さんが練習しているのをビデオで何回も見ていると、まぁ大丈夫かなという気になってきた。(失礼!)。それにむこうはランディングが日本よりずっと広いだろうし。ただ当時は現地の情報がほとんどなく、たまたまJHFの何かのパーティで山尾典子さんと同席する機会があり色々教えていただいたのと、ダンプさんのテレビ番組のビデオを頼りに多少の不安を抱えながらも出発してしまったのでありました。

 パラグライダー

◆パラグライダーがなくなった!

ブリュッセル経由のスイス航空でチューリッヒに到着すると、預けた荷物が全部出てこない。どうもブリュッセルでトラブルがあったようだ。無いものはしょうがない、その後の手配は頼んだが、取り合えずグリンデルワルドのホテルに向かった。全ての荷物が無いまま2日間を過ごし、やっと荷物が届いたのが3日目となってしまった。そして恨めしい事に、2日間続いた穏やかな晴天が崩れ出したのである。結局、ぐづついた天気の中をグリンデルワルドとツェルマットでぶっ飛びフライトを2本しただけで8日間のスイスフライト旅行は終わってしまいましたが、アルプスの大自然を十分に満喫でき、今となれば楽しい旅行でした。
つまらない話が続きましたが、今宵はこれまでにいたしとうございます。この続きはまた後日。皆様のお便りをお待ちしております、掲示板の方にもどしどしお願いいたします。

   


Copyright (C) ペンションワルツ. All Rights Reserved.

flashPlayer